呼び出しベルはさまざまなメリットや利便性をもたらしてくれる

個人経営のお店にもおすすめの呼び出しベル

銀色の呼び出しベル

チェーン展開している大型の飲食店に設置されている事が多いコールシステムの呼び出しベルですが、実はそういった大型店だけではなく、個人経営の小さなお店でも導入が可能です。一週間程度お試しをしてから導入できますので、多少でも興味があるようでしたら是非デモ機をレンタルして下さい。その一週間で色々な条件でお試ししてみて、多少でも便利さを感じたらすぐにでも本導入する事をおすすめします。

呼び出しベルなんて個人経営の小さなお店では大袈裟だと思われるかも知れませんが、呼び出しベルがあれば店内にお客さんがいてもちょっとした品出しや商品管理ができます。お客さんが呼び出しベルを押せばすぐに気が付きますので、お客さんに気付かずにお客さんをレジ前で長時間待たせるという事もありません。経営側にもお客さん側にもメリットがあります。

また、従業員が二人で、一人が品出し、一人がレジというお店も多いと思いますが、そういった場合にレジの処理が間に合わない場合に呼び出しベルで品出し担当を呼び出すという事もできます。呼び出しベルが一つでもあれば色々な使い方ができますので、個人経営の小さなお店だとしても呼び出しベルを導入して損はありません。

呼び出しベルは従業員の安全確保にも重要な役割を果たす

工場などで働く従業員の安全を確保するためにも呼び出しベルを始めとするコールシステムの採用は欠かせません。日本には実にさまざまな工場があります。そこで働く従業員を管理する立場の方は、当然のことながら従業員の安全管理も仕事の一つです。労働災害への対策はどんな工場でも行われています。

でも、比較的に大きな工場になるとすべての従業員の行動範囲を統括することは大変なことでしょう。管理者の目が届かない場所で何かのトラブルが発生してしまったとき、それを素早く管理者に知らせる手段が必要になります。従業員がどんなに注意していても労働災害は起きてしまう可能性があるのです。

そこで呼び出しベルの設置が重要な意味を持ってきます。工場によっては精密機械を使っているところも少なくありません。そのような現場では慎重な操作が求められるわけです。ちょっとしたミスが大きな事故に繋がってしまうことも大いに考えられます。呼び出しベルを使うことで事故を管理者へ素早く報告することができ、迅速に対応することができるのです。

呼び出しベルはさまざまな現場で使うことができます。工場の他にも飲食店でお客様が店員を呼ぶとき、また介護の現場で介護が必要な方が手助けを求めるときなどには最適です。

あれば便利な呼び出しベルの活用方法

なくても不便を感じない呼び出しベルかもしれませんが、実はあれば利便性に優れています。
職場において、誰もいなくて少し席を外したい時などに、呼び出しベルがあれば来客にも気付き対応することが出来ます。呼び出しベルがないと客を待たせるなんてという気持ちになりますが、呼び出しベルがあることで大体のお客様は快くお待ちいただけます。このように来客の方も呼び出しベルがあるのとないのでは待つ間の気持ちが違ってきます。
また、事務所はあるものの屋外で作業していることが多い職場では活躍の場は広がります。屋外で作業していて来客があっても、呼び出しベルがないと人がいないものと思い、帰られてしまう可能性がありますが、呼び出しベルがあれば来客に気付くことが出来、作業を中断し来客対応することが出来ます。コールシステムにおいては屋外で作業する職場に設置する際は音量が大きかったり、持ち運び可能な受信機や、雨風にも強い機種を選ぶ必要があります。
このように、職場で色々なコールシステムを取り入れることで、お客様にも失礼のない対応をすることが出来ますし、社員においても効率よく作業することができます。呼び出しベルは色々な職場でも活躍することができ、各職場で取り入れれば便利です。

NEW ARTICLE

UPDATE POST